PREMIUM THIRD

プレミアムサード

003.png

ドーベルマンハウス
PREMIUM THIRD

空間と暮らしに豊かさを。
​テクノストラクチャーの3階建て。

テクノストラクチャー工法なら、
高い天井高と大開口で
​狭い敷地でもゆとりある空間に

006.png
005.png
009.png
008.png

設計の自由度が高いので、
希望の空間を実現
​敷地も最大限に利用

さらに、耐震性が高く
防火地域にも対応した構造
​だから安心

012.png
011.png

三階建てを支える
​パナソニックのテクノストラクチャー

028.png
955215_edited (6).png

ゆとりのある天井高とひろびろ空間

木と鉄の複合梁により、一般的な3階建て木造住宅より最大約10cm高い天井高※を実現

一般的な木造住宅では梁の下に配管スペースが必要なため、その分だけ天井が下がってしまいますが、木と鉄の複合梁「テクノビーム」を使用すると、梁の鉄骨部分に穴をあけて配管を通すことが可能。そのため高さ制限がある中でもゆとりのある天井高を確保することができます。もちろん、梁に穴をあけることをふまえて構造計算をするので、建物に必要な強度はきちんと確保します。

※ 配管を通す穴を梁にあけることで、別途配管用スペース(約10cm)が不要になり天井を高くとることが可能。

033 (1)_edited.jpg
955215_edited (5).png

プランの自由度をプラス

プランの自由度がアップする幅狭耐力壁

一般的な木造住宅では構造を支える耐力壁は600mm※1※2以上の幅が必要ですが、テクノストラクチャーの幅狭耐力壁は幅300mm・450mm※1※3なので、幅600mmに満たない壁も耐力壁とすることができます。奥行きの浅いクローゼット部分で耐力をとることでキッチン前の壁が不要になるなど、狭小間口でも耐震性を確保しながら大空間を実現。室内が広々した空間に感じられます。

※1 柱芯間の寸法です。

※2 面材耐力壁の場合。

※3 1階は300mmまたは450mm、上階は450mmとなります。

スクリーンショット 2022-08-27 091148.png
955215_edited (4).png

限られた敷地を最大限に利用

変形敷地も有効活用できる斜め壁

隅切りのある角地や変形敷地の場合、長方形・正方形のプランでは無駄ができてしまいます。そのような敷地も、テクノストラクチャーの斜め壁を採用すれば、壁を直角以外の角度※に配置することができるので、敷地を有効に利用することが可能に。居住空間を広げることができます。

※ 角度には制限があります。

contents_04.png
955215_edited (3).png

耐火性能とテクノビームで安心

テクノビームが耐火住宅の重量を支えてひろびろ空間を実現

木造住宅を耐火仕様にするには、壁や柱といった主要構造部を火に強いせっこうボードで覆う必要があります。そのため、木造耐火住宅は一般的な木造住宅よりも重くなってしまい、その重さを通常の梁で支えようとすると、強度を補うために梁の高さが大きくなり天井高を圧迫したりします。
しかし、テクノビームであれば、重量をしっかりと支え、耐火住宅でも天井の高い※ひろびろとした空間を実現することができます。

※ 間取りによっては天井高の確保が困難な場合もあります。